プロポリス0.com

効果・効能・副作用を徹底解説!

メインイメージ

ボックス画像

プロポリス300

ボックス画像

ハニーラボスキンケア

ボックス画像

プロポデンタルEX

ボックス画像

薬院オーガニックのプロポリス

名前の由来

近年では様々なサプリメントや健康食品が市場にあふれています。
また、私たちの生活においては、もはや必要不可欠な存在になりつつあります。
そして星の数ほどある健康食品製品のなかで、現在高い人気を誇っているのが
【プロポリス】なのです。

Propolisは古代ローマ帝国や古代インカ帝国などの時代から人間に活用されてきました。
古代エジプトにおいて「ミイラ」を作るときにも防腐剤として使用されるなど
古代においては意外な使用方法もあったようです。

殺菌性にすぐれているため、現在では海外の一部の国で医薬品にも指定されるほどで、
日本では健康食品とされてはいるものの、高い評価を受けています。
副作用はないため、安心して服用することができるでしょう。

もともとはミツバチの生み出す副産物で、巣の外壁を加工するために作られます。
原材料は殆どが樹木の樹液から生成されたもので、一部に花粉などが使われます。
それらを採取した働き蜂が体内で唾液などと混ぜ合わせて、
分泌したものをプロポリスと呼ぶのです。

そもそもハチの巣の内部は温かく、湿度が高い環境にあります。
この環境は、有害なバクテリアや細菌を発生・繁殖させやすい環境です。
そのため、殺菌性に優れた物質で加工する必要があるわけです。

そんなプロポリスの語源とはいったいどんなものなのでしょうか?

語源は「ハチの巣を防御する」という本来の目的を連想させるものとなっています。
ラテン語の「pro」という単語は「前」という意味や「防御」という意味を持っています。
強い消毒・抗菌作用でハチの巣内部を守るという目的を連想させます。

さらに、「polis」という単語はギリシャ語で「都市」という意味を持っています。
Propolisによって守られたハチの巣という都市というイメージでしょうか?
その高い有用性を窺い知ることもできる名前の由来です。

現在では、そんな素晴らしい物質がサプリメントとしてどこでも購入できる時代です。
有効に活用して健康な生活を手に入れたいものです。