プロポリス0.com

効果・効能・副作用を徹底解説!

メインイメージ

ボックス画像

プロポリス300

ボックス画像

ハニーラボスキンケア

ボックス画像

プロポデンタルEX

ボックス画像

薬院オーガニックのプロポリス

プロポリスの摂取量

「抗菌・抗ウィルス作用」「抗炎症作用」「抗酸化作用」「鎮痛作用」など、
Propolisの効果は多岐にわたります。
それぞれの作用により予防や症状の改善が見込める病気も多く、
美容にまで効果を発揮することから、年齢・性別に関係なく
非常に人気のある成分です。

医薬品にしても健康食品にしても、正しく摂取することが
効果を実感する最大の近道となります。

とくに健康食品に関しては、医薬品のような即効性はありません。
正しい用法・容量を長期継続していくことで、
身体の中から改善していくという性質を持っています。

早く効果を実感したいがために、容量をオーバーして摂取してしまうと、
体調を崩してしまう場合もありますので、十分注意が必要です。

Propolisの一日の摂取量は、特に決められているわけではありません。
製品それぞれに濃度の違いや製品タイプの違いもありますので、
商品パッケージに記載されている用法・容量を守ると良いでしょう。

また、使用目的によっても摂取量は変わってきます。

例えば、液体Propolisの場合、
口内炎患部に直接原液を塗布する場合もありますし、
風邪予防のために水などで薄めて摂取する場合もあります。

パッケージに記載された摂取量を大きくオーバーしないように注意しましょう。

カプセルや錠剤など、サプリメントタイプの場合は
そもそも塗布するといった飲む以外の使用はできませんので、
パッケージに記載された摂取量を守って飲みましょう。

Propolisは、風邪・インフルエンザ予防やヤケド、
アンチエイジングやガンの症状緩和まで
幅広い効果を期待されています。

まだまだ未解明な効果の多い成分ですが、
健康食品の中でも群を抜いて有用性が高い成分です。

一日の摂取量を守り、根気よく継続していくことで
気になっていた症状の改善が期待できます。

現在疾患をお持ちで病院に通っている方は、医師に摂取量の相談をして
摂取量を決定すると良いでしょう。

品質が良く、継続できる価格のPropolisを選ぶことをお勧めします。