プロポリス0.com

効果・効能・副作用を徹底解説!

メインイメージ

ボックス画像

プロポリス300

ボックス画像

ハニーラボスキンケア

ボックス画像

プロポデンタルEX

ボックス画像

薬院オーガニックのプロポリス

授乳・妊娠中の摂取について

Propolisは非常に有用性の高い健康食品・生薬ですが、
服用方法や摂取量には十分な注意が必要です。
この成分が健康維持や美容に絶大な効果を発揮するということはゆるぎない事実ですが、
実は未だに研究が続けられており、不明点も存在します。

そのため、妊娠中や授乳中の方が摂取は控えた方がいいでしょう。
これは安全性がまだ確かめられていないからです。
当然のことながら、新しい生命が宿ると身体は非常にデリケートになります。
そのため、万が一何かしらの症状が引き起こされてしまった場合、
投薬などの処置もできない可能性があります。
このことから、妊娠中の摂取は控えるべきだと考えられるでしょう。

もちろん一般的には副作用が引き起こされることはありません。
ただし「好転反応」と呼ばれる体調変化を催す可能性はあります。

好転反応とは東洋医学で用いられる概念のひとつで、
身体が健康な状態へと変化するときに発せられるシグナルのようなものです。
症状としては下記のような状態になる可能性があります。

●下痢・軟便
●肌のかゆみや違和感
●胃の不快感・胸やけ
●頭痛・肩こり
●眠気・不眠
●血圧の上昇

この症状は漢方薬や生薬を服用したときには、殆どのケースで発生します。
服用初期にのみ表れる症状で、放置しておいても比較的短期間でおさまります。
ごくまれに、好転反応が収まらないケースもありますから、
数週間で症状が消えない場合は服用をストップして、かかりつけ医師に相談してください。

赤ちゃんがいる間の服用について「問題ない」とする意見もしばしば聞かれますが、
先述した理由から服用しない方が良いでしょう。

プロポリスはミツバチが作り出す神秘の物質です。
生成する過程は大まかには把握されていますが、
ミツバチの体内でどのような加工がなされるのか等の不明点も多いわけですが、
私たちの生活に多くのメリットをもたらしてくれています。

正しい服用さえできればリスクはほとんどありません。
賢く利用して健康な生活を手に入れましょう。